世界で一番、価値のある宝石

そんな風に自分を大切に扱いたい。

骨格診断のお話

自分の「好き」を確認するべく好きなコーディネートをファッション誌から切り抜きしていたのですが、骨格診断を受けてから変化が起きました。

骨格診断とは?

骨格診断はその人の体型や特徴から似合う服装を導き出す診断です。

最近はインターネットで簡単な診断ができますが、対面だと自分の雰囲気を考慮したオススメをもらえるのがメリットだと思います。

私の場合は肩幅が広いのが気になってしまい、ウエーブだかナチュラルなんだか自己判断ができなかったため、受けることにしました。

受けてみた結果・・・

骨格診断のタイプは「ウエーブ」、まさに自分が好きなふんわり素材とかレースとかが似合う体型とのこと。

肩幅が広く感じられるのは肩幅が「やや広い」に相対して顔が「小さい」から余計に目立ってしまうのだそう。(これは絶対にネットでは気付けないし目からウロコでした。)

ただ、顔立ちや年齢を顧慮した上でのアドバイスは「服はシンプル、小物で可愛く」といった内容でした。

おすすめされた雑誌はBAILA

まさに大人シンプルといった感じですね。

他にも似合う服の素材や形、柄をアドバイスしてもらえたのはすごく有益でした。

それを受けて雑誌の切り出しをしてみました

普段は美人百花を読んでいるのですが、今回切り取ったのはwith。

11月号ってことは昨年秋真っ盛りな頃に出た号ですね。

(どんだけ貯めてるんだって話ではあるのだけど)

寒くなっていく時期と言うだけあって、やっぱり黒や暗めの服が多いんです。

実は私、暗黒時代を過ごした中高大学生の時にモノトーン、あるいは黒多めの服を来ていたのでもう黒や暗い色の服はお腹いっぱいなんですね(^^;

正直もう着たくない。

季節が季節だから仕方ないかぁと思って雑誌を見ていたのですが、

「あ、これなら似合うって言われてたな」

「これ可愛い、けど年齢的にはちょっと・・・」

・・・ってちょっと待って!お前の「好きを確認する作業」はどこ行った!!

今ならこうやってツッコミを入れられるんだけど、自分の好みが余計に分からなくなって頭混乱して落ち込むし、それで似合う服で身を固めたとしても自分の満足度が上がるかって言ったら多分そうじゃない。

実際似合う服を着るのはオシャレとして大切なことなのですが、オススメされたBAILAを読んでいても気分が上がらないんですね。

(ヨンアさんが好きなので彼女が出ると気分が上がるけど、後は勉強というか参考程度といった感じ)

そもそも美人百花好きだけど、そこから「甘過ぎなくて可愛いコーデ」を探すのが好きな訳で、むちゃくちゃ甘ったるいのを着ているわけじゃないし・・・!

似合う形を参考にする程度にして、毎日のご機嫌度は上昇する方を優先した方が絶対に良いです。

骨格診断は自分の好き!がはっきり定まっている方が効果がありそうです。

おまけ

骨格診断中に「木村多江さんに似てる」とのご意見もありました。

本人自覚あまりないのですが、数年前にもバイトの先輩から同じこと言われていたので、どういった方なのか、どういった服が似合うのかを軽く検索したらこんなサイトを見つけました。

木村多江さん編~日本女優の印象分析~ | 30代からの美人顔メーク&似合うファッション日記 | COLORISMO

参考になるなーと拝見していたのですが、目に飛び込んできたのはこんな文章

切れ長の目と眉、すっきりとした鼻梁、
はんなりとしたしなやかな物腰と優雅な手つき、
透明感のある雰囲気をもつ彼女に最も似合うのは
お着物以外にはなさそうです。
そう言えば、着物の本を電車で読んでふと顔を上げたらナイスミドルなおじさまと目が合ったんだけど、その人「この子が着物着たら似合うんだろうなぁ」と言わんばかりの優しい微笑みをこちらに向けてたのを思い出しました♪(*´ ▽ `*)
そうだ、着物だ!着物を着よう!!
(もちろん好きな服も着るけどね!(笑))